ミケンディープパッチは眉間に効果なし?口コミや評判は?徹底分析しました!

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

健康や美容を目指している人にとって、ヒアルロン酸とコラーゲンという成分は人気です。

肌に潤いを与えたり、関節の働きを滑らかにするのにどちらの成分も効果的です。実際はまったく違うのですが、ヒアルロン酸とコラーゲンは同様の成分だと思っている人もいるかもしれません。そもそも、ヒアルロン酸とコラーゲンは、それぞれ大もとになる物質が異なります。

糖の一種であるヒアルロン酸の分類は、ムコ多糖類です。たんぱく質の一種が、コラーゲンです。

人の体に存在するたんぱく質のうち、コラーゲンの割合はおよそ3分の1です。

コラーゲンの働きは、細胞と細胞を結びつけるというものです。

肌からコラーゲンが失われると弾力がなくなり、よりしわやたるみがはっきりしてしまいます。コラーゲンが関節から減ってしまうと、関節が痛んだりきしんだりするのは、関節の働きが低下してしまうからです。

1グラムのコラーゲンで6リットルの水を保つことができるといわれており、コラーゲンは体内の水を維持することに関係している成分です。コラーゲンは、体内の様々な部分に存在しています。特に関節や肌の真皮層に多く存在していますが、コラーゲンが不足すると肌の潤いが失われていきます。

肌の細胞と細胞をヒアルロン酸が結合させ、肌の水分をコラーゲンが保持しているのです。肌の保湿のためにはとても重要な成分ですが、コラーゲンもヒアルロン酸も年をとればとるほど少なくなってしまうそうです。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの相乗効果

年とともにヒアルロン酸やコラーゲンを体内で生成できる量が、少なくなってしまいます。それぞれヒアルロン酸とコラーゲンの成分は違うといいます。非常に皮膚の潤いを保つことたや、関節の働きに関係しているようで、お互いに助け合って働いています。

ヒアルロン酸も、コラーゲンも、どちらか片方だけで効果を発揮できるものではありません。

体の中のいろいろな部分にある栄養素がコラーゲンですが、お肌にはとくにすみずみまでしっかりと存在しています。皮膚の保湿には、網のところにヒアルロン酸を集中させて外に出さないことで効果があるというシステムです。

皮膚にヒアルロン酸をキープするために不可欠なのがコラーゲンの存在です。反対にコラーゲンだけでキープすることができないのが肌の弾力です。多くのサプリメントやドリンクでコラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂取するようになっているのは、この補完し合う特徴があるからです。一度にヒアルロン酸とコラーゲン、両方を摂取できるようにすることで、効率的に美肌や健康にいい効果を得ようというものです。

美肌に対する効果は、コラーゲンだけでもヒアルロン酸だけでも十分とはいえません。重要なことは、サプリメントを利用するときにはヒアルロン酸とコラーゲンを同時に摂るように心がけることです。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメント

関節痛対策や美容効果を得るために、ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメントを活用する人が増えているそうです。

加齢とともに少しずるヒアルロン酸もコラーゲンも体内から量が減っていくもので、子供のころはたくさん体の中に存在していました。体内で生成しても、食品から補っても減少傾向が止まらないのであれば、補充をサプリメントでしてあげることが適しているといえます。

ヒアルロン酸を含む食材は、フカヒレや鶏のとさか、魚の目玉、軟骨などです。どんなに頑張っても普段から食べられるものではないでしょう。とくにサプリメントの利用価値があるのは、ヒアルロン酸を食事だけで摂取しようと思ってもなかなかできないからです。

今ではコラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂ることのできるタイプのサプリメントもよく利用されているようです。摂取をどちらか片方だけしていても、それほど美肌にも、関節痛対策にも有効ではないといえるのです。

バランスよくヒアルロン酸とコラーゲンを取り入れることが大切だといえるでしょう。食品として販売されているものですので、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントで副作用が出る心配はほとんどありません。

アレルギー体質の人に稀にアレルギー反応が起こることがあります。

摂取をする前に、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントにどんな原材料を使っているのか、確認しておいたほうが無難です。

page top